ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

着付けサークル「つむぎの会」のご紹介

201931711211.jpg

 

                 着付けサークル「つむぎの会」 

                手結びで、自分で着るための、きものを楽しむための

                着付けサークルです。初心者から上級者まで、明るく

                楽しく、お稽古しています。

                目指すは “きもの美人”。

                貴女の参加をお待ちしてます。

 

                着付けサークル「つむぎの会」

                1回 600円

                第2・第4木曜日 PM12:30~15:00

                コミュニティハウス・本の家

                青葉台2-25-4 981-1400

 

                <お問い合わせ>

                 遠藤 090-1203-2657

                 小宅 090-4812-9641

                  

                    

極厚とんかつ

2019314112735.JPG

日本橋人形町の「富士喜」の極厚とんかつ。

2019314113350.JPG

下の白いのが割り箸の袋。

一切れ4~5口分。かじる感覚。

これでゴハンと味噌汁・漬物ついて2800円。

安いか高いかは別として、全部食べるとお腹いっぱいです。

や~もう歳だな~、一週間はもういいね。

で、翌週行きました。

金彩加工の劣化

201934111520.JPG

201934111611.JPG

これは留袖の金彩模様の劣化です。

金彩加工の箔はバインダー(接着剤)で貼り付けられているのですが、湿気等保管状態が悪いと

接着剤が劣化して剥離しています。画像の金彩は糸目に本金を使ったしっかりした加工のものですが、

やはり30年以上経つと劣化は否めません。中には金彩の接着剤が浮いて出て、生地がくっついて

剥がれなくなるケースもあります。いずれの場合も湿気によるバインダーの腐食が原因です。

この留袖は当初丸洗いでお受けしたのですが、金が更に剥がれる恐れがあるため部分洗いに変更しました。

フィルムを使った金

 

グルテン万歳!!

23日にオープンしたお隣のパン屋さん、大盛況ですね。

世の中パン好きの人多いんだ。

 

201922512228.JPG

上の画像(防犯カメラのもの)はオープン当日の朝9時前。ちなみに開店は10時。

 

201922512829.JPG

これは24日の同じ時刻。行列長くなってる。

みんなパンを求めてるんですよ。スゴイな。

もっともおコメ派の私は2日間に亘りパンの匂いに包まれたから

もう1斤ぐらい食べた心持で、早くもごちそうさまです。

とにかく、人がたくさん集まることはいいことです。

グルテン万歳!!

 

半端ない、ン?

お隣のパン屋さんがやめられて、今度入るのがまたパン屋さん。

しかも食パンオンリーだそうで。

前のお店がパン屋さんなのに何故か筑前煮のニオイがしてたので

今度はどうかなと思っていたら、先日おっきなオーブンが設置されて早速可動。

最初は機械っぽい臭いだったのが先日、

お、パンの匂いじゃん、すんげ~香ばしい!ハラへった~!

でした。これはこれで困ったもんで。

ただ、すんごいのは匂いだけじゃなく、看板。これは目立つ!

201922111181.JPG

 

ねこ時計

201922011710.JPG

この子はかれこれ10年ほど前からおりまして、時計です。

シッポが振り子になっていて揺れます。

以前、外から見える場所に掛けておいたとき、保育園の園児たちに見つかって

ウインドウに鈴なりになって先生困らせたので、今は見えない位置に移動してます。

最近はシッポのキレが悪くなりました。年かな?

 

サクラ満開!

2019217115420.JPG

上野の森は早くも桜が満開?

寒桜だそうです。

行って見たいなあ。

きもの de 短歌 その16

不祝儀の 衣紋ひかえ目 お太鼓は低く小さく 心をこめて

詰まるところ、不祝儀のの装いは控えめにという、ごくごく普通のことなのですが、実際にはバタバタ慌ただしい中でそこまで気を使って着付けすることはないかもしれません。それよりも急な準備にまごつき結局着なかったなんてことも。最近は葬儀社の方で用意してくれることも多いですが、自前の場合は注意が必要です。よくあるのが小物の組み合わせの間違い。袷の喪服にレースの帯締め、夏の帯を合わせるケース。特に喪服の仕立て上がりの帯はリバーシブル仕立てで裏が夏用になってるのですが、裏の方がキレイだったので裏を使ったんだよ、いけねーかというホントの話。まあ良くはないんですが、クロのくくりだけで終わらしちゃうと失敗します。あと多いのがシワ。衿に変なシワがあると目立ちます。黒はよく見えますよ。番外編では半衿がついてないケース。これは、もういいでしょう。

所感

久しぶり。

本当に久しぶりです。

ここに所感を書くことは。

一昨年、左足大腿骨頭の人口関節全置換手術を受け、半年痛みに悩まされ

そして今年、今度は右足股関節の悪化。左と同じ変形股関節症です。

なんでこんなにと思うほど、

あまりに早い展開でした。

痛みはクスリで抑え、移動にはツエが片時も離せない。

痛みで眼が覚めて睡眠不足。

胃が荒れて摂食不良。

毎日の生活が戦いです。

 

右もさっさと手術しちゃえばとは言うけど、

人口関節にすると(してみて分かったのだが)思いのほか

人生に「制約」が起こります。

けっこう大きく。

ま、当然ちゃ当然なんですが、両足ともそうなるのか、と思うと

今はまだそれは無理かな。

まあ、いつまでどこまで、我慢できるかです。

そのうち、いずれその時がくるでしょう。

それまでは頑張ります。

ヤク中になるまでガンバルぞ~。

ぞ~・・・・、泪。

 

以上、

所感でした。

 

 

 

 

きものトラブル事例集 さ行

さ行 深色加工

最近の黒染(喪服地)は昔のものより黒の色が濃く見えます。これは「深色加工」という加工が施されており、現在流通している喪服地(石持)はその殆どがそうです。一般に物体は当たった光の反射量が多いほど白く見え、少ないほど黒く見えます。そこで反射光量を少なくするため、生地表面にシリコン系樹脂の皮膜を作り、光を吸収させより黒く見せる手法がとられています。消費者のニーズに合わせた商品開発といえますが、実はデメリットもあります。それは繊維表面に施された被膜がスレやムラの原因になり易いことで、ひどいものになると手で触っただけで跡がつくほどです。色を取るか扱いやすさを取るか難しいところですが、取り扱いには注意が必要です。

20192115390.JPG

       触ったことにより指の跡が付いている