ホーム>スタッフブログ>きものトラブル事例集>きものトラブル事例集 さ行
きものトラブル事例集

きものトラブル事例集 さ行

さ行 深色加工

最近の黒染(喪服地)は昔のものより黒の色が濃く見えます。これは「深色加工」という加工が施されており、現在流通している喪服地(石持)はその殆どがそうです。一般に物体は当たった光の反射量が多いほど白く見え、少ないほど黒く見えます。そこで反射光量を少なくするため、生地表面にシリコン系樹脂の皮膜を作り、光を吸収させより黒く見せる手法がとられています。消費者のニーズに合わせた商品開発といえますが、実はデメリットもあります。それは繊維表面に施された被膜がスレやムラの原因になり易いことで、ひどいものになると手で触っただけで跡がつくほどです。色を取るか扱いやすさを取るか難しいところですが、取り扱いには注意が必要です。

20192115390.JPG

       触ったことにより指の跡が付いている

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ayashou-kimono.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/557